ネットが可能にする

書類と色鉛筆

チラシ印刷チラシ印刷を取り巻く環境は現在、大きく変化しています。ネット通販型の印刷サービスの台頭によって格安で、かつ早い納品が可能となっているのです。これは欧米では早くから行われていたものですが、日本では品質に関するこだわりが強いことから、なかなか浸透しなかったものです。 具体的にはこれまで、クライアントごとに細かく色調の修正を行ってきましたが、ネット通販による印刷サービスでは一律同じ刷り濃度とする業務効率化によって、個別には対応していないものとなってきています。これからはチラシ印刷は、その色調などにこだわることよりもいかに多くの反響を得るかに目的がシフトしていると判断されています。あくまでも広告効果の高いチラシ印刷を求められるようになると見られています。

チラシ印刷は現在、大幅なコスト削減と業務効率化による格安サービスに人気が集中しています。そこで注意が必要なのは、これまでの印刷会社による流れとは大きく異なる点にあります。 まずはこれまでのような多彩な用紙の選択肢は少なくなり、チラシ印刷にはポピュラーと思われる用紙に絞り込まれている点です。そして色調に関しては、これまでは印刷機においてインキ濃度の調整でクライアントの希望する色合いに合わせることを行っていましたが、そのような細かな調整はほとんど行われない点があります。色調調整はあくまでも製版作業で行いますが、これは時間がかかるために実質、提供されるインキ濃度に従う形となっています。もちろん、その品質は高いものとなります。