データで残していく

カラーサンプル

私は仕事柄、本を沢山所有している。一般の新書などもかなりの数があるが、専門書が一番多く500冊はある。1冊400ページほどのものがあるので、本はずっしりと重く捲るのも大変なほどだ。年々体力がなくなってきて目当ての本を書斎から探し出すのも楽ではなくなってきた。本は年々増え続けるというのに体力は減り続けているので、大変困っていた。 職場の同僚に悩みを打ち明けたところ、いわゆる「自炊」というのが流行しているらしい。何でもスキャンしてデータをpcに保存するというものだ。私はpcは文字入力と資料の作成程度に使えるくらいの能力しかないので、自分でやるのは不可能だと判断して業者に自炊代行を依頼してみることにした。

実際に自炊代行を依頼したが、結果はとても良かった。 まず料金だが、専門書なのでページ数が多い上に画像なども沢山載っていて画質を落としたくなかったため、1冊200円ほどかかったが、許容範囲内だと思う。普通の新書などは100円でやってもらえるらしくとても安い。 仕上がりを見て驚いたのが、その綺麗さだ。本のまま見るよりも綺麗なのではないかと思うくらいに精巧にデータ化されていた。これは素人では中々できない仕事だと思う。あの重い本を1ページずつ裁断してスキャンする手間を考えたら自炊代行は格安だ。 データ化しての一番のメリットは、本を探すのが楽になったことだ。以前は本をどこに置いたかで時間をかけて探していたのが、現在はpc内を検索にかけるだけですぐに発見できる。 まだ私の家にはデータ化されていない本があるが、それもいずれは自炊代行しようと思っている。